忍者ブログ
 着物って楽しい+  着物って落ち着く++  着物ってうれしい+++
[1]  [2]  [3
こんにちは。

年が明けて、もう半月が経ちましたね。
賑やかなお正月が過ぎ、
少し落ち着いたうさぎやです。

静かな気持ちで外を見れば
梅の花がちらほら…
春の訪れを告げてくれています。

まだまだ風の冷たい日々ですが
春の柄を着てお出かけすれば
ほんの少し暖かな気持ちになれる…
そんな気がします。

銘仙 マゼンタの笹に紅梅


アンティーク小紋 椿と梅


大人…銘仙 ヤバネとドット柄
子供…銘仙 アンサンブル こまいぬ



今の季節は、じんわりと温まりたいですね。
足利伊萬里料理長特製 大吟醸の甘酒 がオススメです。
***お持ち帰りもできます***



neco-moco






PR


四月も後半になると
ぽかぽか陽気の日には
陽射しの暑さを感じます。

うさぎやでも、
足利の水で作った ラムネ
の販売が、今年も始まりました。

お参りやお散歩、お買物の途中、
よく冷やしたラムネを
ご用意しておりますので
ぜひご休憩にお立ち寄りください。

涼しい顔したこけしペン子も
お待ちしております。



IMG_9013.jpg

会ってきました。
避暑・・・とは言えぬ、今年の那須で。
スペシャルな銘仙たちに会ってきました***




それでも足利よりは2,3度気温は低かったのかな?
ドットの浴衣に自作の作り帯を締めて、水玉の下駄履いて。
一緒に出掛けたのは素敵なオジサマたち。(あ、一人20代がいました)
他の詳細は省いておきましょう。(笑)



まずは建物、、と思ったら外環を撮ったつもりで画像がない!ゴメンナサイ。
古民家を一部改造した展示室と喫茶、お食事も楽しめる「野花カフェ」さん。
入口、2種類の麻地に藍染ドットを重ねた暖簾がとってもとっても素敵。

IMG_9012.jpg
 
中に入ると(きゃーーーーー!)心で叫んでいたつもりが確か声に出てたかも。
もう、それはそれはめずらしい柄ばかりで、主催の「桐生正子さん」カラーが
統一されていました。
※撮影は参考資料として許可を頂いたので、ここではこの一枚だけとさせていただきます。

42c3a49e.jpg

もう、たまらなく楽しくてなんども展示室内をぐるぐるぐるぐる。
今回のコーディネートはすべてponia-ponさん。
着物を吊るす位置や角度、高さ、色バランスが絶妙でした。

 
f87ef481.jpegそして右のソーダ水のようなドットの銘仙は
Ponia no Yukataとして浴衣の反物に復刻された
デザイン元なのですっっっ。かわいい!
しかもこの柄は「ホタルノヒカリ2」の記者発表の時、
ホタル役の綾瀬はるかちゃんが着用しているんです。恐るべし銘仙のデザイン力。

↓詳しくはponiaさんのブログページ
http://yaplog.jp/antique-kimono/archive/134


 
IMG_9011.jpgお出迎えのコスモス。
こっそり可愛らしい。

今回本当に色々勉強になりました。
自分のこれからと銘仙との向き合い方も整理ができたような気がします。

おでかけするって、よいですね+++
                    rabi


 

帰国してあっというまの1週間。
あちらに滞在していた時より帰ってきてからの方が時間の流れが速いです。
そのくせ何も手に付かない。。

明後日から久々の仕入れデーが始まるのにぐうたらrabiです。
・・・と、下書きしてすでに2日が経過。
いつになったらちゃんと報告できるのか。。。--。

65afbc06.jpeg jb1.jpg
出発前にちらっと掲載した今回のプロジェクト製品、アルミ製銘仙柄の茶箱4種。


商談会当日はさすがに写真を撮っている余裕はなく、映像チームも一緒だったので
当日の様子はお任せしました。

小さい会場ではありましたが、荷物を梱包から解いて設営開始。
なんだかんだ日中めいっぱいかかりました。

20100128145720.jpg 20100128145809.jpg
窓際に設置したお点前のセット。
とにかくコンパクトに。

20100128145825.jpg 20100128150154.jpg
逆側を向くと壁面に銘仙プリントの布製品。
ウィンドウの外向きに1セットを足利のバナーと一緒に。

20100128150355.jpg 20100128150317.jpg
折り畳み式の野点用椅子には足利尊氏のマークと矢羽のデザイン。
右画像は構造のサンプル。

ちなみにこのアルミニウムは、強度をステンレスのように高めるアルマイトという加工をしたもの。
軽さを保ちつつ、強度力アップ。ということで携帯する茶箱セットのカジュアルさが強調されます。

さらに銘仙柄はプリントではなくアルミに染み込ませるという新しい技術なので剝がれることはないとのこと。
茶箱や小物の曲線も機械ではなく手作業だと言う説明を聞くと、足利の職人さんを改めてスゴイと感心。

シンプルで分かりにくいスゴイことをさりげなくこなす、職人。

職人とは?

会場にずっと写されていた今回のプロジェクトのドキュメンタリーフィルムで答えていた言葉で耳に残っているもの。

「やり続けること」


誰でもできることだとその職人さんは話していたけど、あきらめずに続ける事は簡単じゃない。
それをやる。ということで結果を出すのが職人で、かっこいいなーと思いました。


うさぎやに帰ってきて、私は何ができるのか。
改めて考えているところです。
さてさて、これからのうさぎやは見ものですよ~^-^ 

時差ボケがあるからなのか興奮しているだけなのか
毎日なかなか寝付けないrabiです。


まずはパリのお天気*

20100127101732.jpgパリ滞在中のお天気はほとんど「晴れ」のイメージでした。
展示会の次の日が雨。
曇りもあったような・・・

パリでは「晴れると寒く、雨はあたたかい」らしいです。
なんとも不思議な説明に疑問を抱いたその日はすっきり晴れていて、-1~2℃でした。

私たちの泊まったホテルがエッフェル塔の近くだったのでバスやタクシーで移動する度、目にすることができた立ち姿。

この日のエッフィー(エッフェルくんの愛称。思いつきですが)はこれから青くすっきりした空になる前にどーだ!と言わんばかりの堂々たる姿勢でごあいさつ。バスの中から撮影。



 

普段あまり厚着をしないrabiですが、さすがにヒートテックは必要でしょうと2枚買って交互に来て過ごしました。

ただ、寒い国というのは建物の中の温度が一定して暖かく、表に出るまで寒さに気がつかないほどなのですね。
聞いたら集中ヒーターといってホテル全体にパイプを渡してお湯を常に流して温めるという方法をとっていたり、形の変わった細長いオイルヒーターだったり過ごしやすかったです。

帰ってきてからの日本がちょうど向こうと同じくらいの感覚かな。
暖房完備が違うためかこちらの方が寒い気がしますが。


IMG_5491.jpg
フランスの冬の朝日は8時から8時半に昇ります。寝坊な私にぴったり*

二日目の準備の日は午前中市内観光でバス巡り。
抜けるような青空で、気持ちよかった~~~!でも寒い!

この日のバスガイドさんが晴れると寒いって教えてくれて、なるほど実感。


凱旋門をバスで2周。フランスには4つあって、一番有名なのがナポレオンが作ったエトワール凱旋門。
戦争に勝って、どーだ、すげーだろ!っていう記念に建てたとか。

足元のレンガが2色構成になっていて、空中からみると星形に見えるのはみなさん知ってるのかな。
ただし、人や車が横断するためのはっきりとしたラインは見た目が美しくないので引かなかったそうです。
 
安全より見た目。
さすがフランス。



IMG_5611.jpg

滞在中、雨も降りました。
でもなぜか濡れても嫌な雨じゃなかったな。
気分の問題かしら。

 IMG_5605.jpg
 右は美術館の3Fから(フランスでは2F)庭を見下ろした写真。

 全体的に白くてきれいで、
 大理石が好まれるの、分かる気がする。




 

IMG_5477.jpg
遠くの方まで中世を思わせるシルエットがほんときれいでした。



 

IMG_5635.jpg



最終日にマルシェへ。
もっと撮りたい野菜とかチーズとかたくさんあったんだけど、おのぼりさんみたいなのが嫌でやめてしまった。でも実は後悔してます。ほんときれいだったんだもん。

 

IMG_5647.jpg


マルシェを出てすぐのカフェで最後のひと時。

選ぶメニューもせっかくなのでとカフェオレやホットショコラを。

日差しが暖かい日曜日。



ゆったりまったりの場面しか撮れてませんが、しっかりお仕事もしてきましたよ!
次回は展示会前日編ということで+



 

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[12/25 ロレックス 偽物 オーバーホール 値段]
[12/25 ロレックス 偽物 所ジョージ tシャツ]
[12/25 カルティエ 結婚指輪 激安 amazon]
[12/25 カルティエ 結婚指輪 相場 ro]
[12/25 スーパーコピー 財布 サンローラン jazz]
プロフィール
HN:
Rabi
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]