忍者ブログ
 着物って楽しい+  着物って落ち着く++  着物ってうれしい+++
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
こんにちは。
梅雨入りしたというのに、晴れ晴れとしたお天気の足利。

長重之さんの個展「目千展」がはじまって、早2か月。

長さん自身の魅力の虜になってしまった2か月でした。

昨日、長重之さんの新しい個展「平・面・体」の
オープニングで高崎のrin art associationさんにお邪魔してきました。


  

こちらの展示はうさぎやで開催中の作品群とはまたちがった作品たち。
今回オープニングでは、足利の物外軒という茶室からインスピレーションして
つくられたという作品(栃木県立美術館でも展示したもの)の上でお茶をいただいてきました。
とっても貴重な体験!!
rinさんの建物自体もとってもすてきで、興奮してしまいました!!


作品を近くで見られること、
そして、おうちに飾ることもできること。
それが美術館とは違うギャラリーの魅力なのだなと感じた時間でした。

小さな作品でもひとつ飾れば
部屋の一角がアートスペースになる。
おうちのどこに飾ろうか、、、想像を膨らませるだけでも楽しいです。

今回、うさぎやにて展示している作品は
すべて、今年に入ってから作られた新作ばかり。
ラスト一週間、作家在廊日は16(金)・17(土)・18(日)。
ぜひ、お出かけください。


++++++++++++++
長重之

1935 年東京生まれ
1944 年父の故郷である足利に移り、1960 年代から、地元のガス会社や病院に勤務しながら制作を始めます。以来、「日常の深淵」、「物質の飽和」、「意識下の精神」など独自の洞察によって導かれた「境界と領域」、「物質の反乱」、「生体と彼方」といった明確なコンセプトに貫かれた作品を創作し、1968 年には、カンヴァス地に巨大なポケットを縫い付けた「ピックポケット68」、次いで1978 年に「視床1」という極めてユニークな作品をシリーズで発表しました。この二つのシリーズは、イベント「ロードワーク」やパフォーマンス「アタッチメント」という身体そのものの行為を伴ったアクション・シリーズと並行して展開され、今日の作品に繋がっています。その後も「平・面・体」、「リバーベッド」など一貫性のある作品を発表しております。

また、1960 年代後半よりハンディキャップのある人々の作品展を企画、コラボレーション作品とするなどの活動を続けています。きっかけは長女の誕生で、ダウン症と診断されたこと。これを機にハンディキャップのある人たちの表現に関心を持ち、その支援活動に関わるようになります。この活動は長重之の美術家としての重要な部分を占めています。

rinさんのfacebookページよりより
+++++++++++++

高崎の個展はコチラ▶▶▶
長重之「平・面・体」

会 期:2017年6月10日ー8月18日
会 場:rin art association(群馬県高崎市岩押町5-24)rinさんのホームページ
開廊時間:11:00ー19:00
休廊日:月曜日・火曜日


neco-moco
PR

今週は風が強かったですが、晴天つづきの
気持ちの良い週末でした。

お休みのお知らせです。

来週、6月6日(火)・7日(水)の二日間
従業員研修旅行のため、
うさぎや、蘭と月共に臨時休業いたします。

どうぞ、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

うさぎや



長重之の目千展 
6月18日(日)まで開催中
お隣 蘭と月2階


ゴールデンウィークが終わって、ゆったり穏やかな大門通りです。
今日は、お洋服のお話しです。

うさぎやでは着物から洋服へのリメイクを行っています。
通常、オーダーのみのご注文を受付ています。

ひとつひとつ、お客様のご要望を伺っての作成になるので
お時間がかかりますが
絹などの着物地で作る洋服は夏は涼しく、冬は暖かいと皆様おっしゃっていただいています。

工房のある2階には、いつもお教室の方たちの笑い声が絶えません。
ご注文いただいたお洋服は
お客様が取りに来られるまでの間、店内にも飾らせていただいております。

担当の斉藤が作るお洋服たち。
ご注文のお品で手がいっぱいの中、すこしずつ作った製品を
只今、ほんの数点ですが販売しております。

喫茶室の蔦が曇りガラスの窓に美しく映える季節となりました。
どうぞ、お出かけください。

neco-moco



春を飛び越えて夏のような陽気の大門通りです。
みなさま、いかがお過ごしですか。

うさぎや前の八重桜(3本縦に並んでいます。)は
例年通り、奥から順序良く咲き始め、見頃を迎えました。
ソメイヨシノとはまた異なる八重桜の魅力を今年も感じています。

 
さて、うさぎやでは素敵なご縁をいただいて
現代アート作家さんの展示が始まりました。
足利在住、80代のアーティスト
長重之 「目千展」

長さんの目によって選ばれた銘仙たちが
その手によって新しい姿となって展示されています。


高崎のラスクで有名なハラダさんがギャラリーを営む
rin art association さんのプロデュース。
うさぎや蘭と月2階スペースにての展示です。

私たちにとって初めての試みであり。
初めてお客様に公開するお部屋もあります。

長重之 「目千展」

会期:4月15日(土)〜6月18日(日) 月曜定休
場所:蘭と月2階


ピックポケット2017<閉じ込められないもの>と題された作品群はすべて新作!!
とっても楽しい展示です。
作家本人の在廊日は毎週、金・土・日を予定しています。
(なお、来週22土・23日はお休みの予定です。)


長さんに会いにぜひ、お出かけ下さい**

neco-moco



追伸:先日、オープニングに当たって、蘭と月3周年も記念して
白い花のみせ つゆさんが店内にお花を飾ってくださいました**

つゆさん、ありがとう~~~!!!

こんにちは。
やっと暖かな春の陽気が戻ってきましたね。

4月の銘仙上生菓子のサンプルが届きました。
今月は桜をイメージしました。
ソメイヨシノ・山桜・八重桜の三種の色を使ったカクカクです。

   


銘仙上生菓子の4月の販売方法については
重複になりますが、以下ご覧ください。

銘仙上生菓子について
4月は販売日を限定して、ご予約を受付ます。
++++++++++++++++++++++++
*毎月1柄 う・サロンの日にお披露目します。

*販売日を月の初めにお知らせいたします。

*1日の販売個数は6個~20個まで

*お一人様1個からご予約できます。
(※ただし、全体のご予約が6個になるまでは、仮予約となります。)

++++++++++++++++++++++++

4月の銘仙上生菓子販売日

●4月8日(土)う・サロン(4月は第2土曜です) 
※店頭にて20個限定で販売いたします。 当日までご予約受け付けます。

●4月22日(土) 完全予約販売 
※ご予約を受け付けた方のみ販売いたします。2日前までのご予約です。


銘仙上生菓子の販売方法について、
良い案を模索しているところです。
しばらくの間、変動するかもしれません。
お客様にはご迷惑とご不便をおかけしますが
その都度、お問い合わせいただければ幸いです。



今年のソメイヨシノは開花が遅く、
鑁阿寺のライトアップも延長になったそうですよ。

桜の季節。
ソメイヨシノが終われば
うさぎや前の公園の八重桜が咲き始めます。
4月の銘仙上生菓子、ご予約お待ちしております。


neco-moco
&lt;&lt; 前のページ 次のページ &gt;&gt;
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/19 www.sddsjj.com]
[11/18 dqzyxk.Com]
[11/18 sarung jok mobil mickey mouse]
[11/17 hujibe.com]
[11/16 jual hammer of thor asli italy]
プロフィール
HN:
Rabi
性別:
非公開
忍者ブログ [PR]